おすすめ

ホリエモンも使うマネークリップ「STORUS」がガチでオススメ

こんにちは。やえがし(@yegs_)です。

みなさんは普段どんな財布を使っていますか?

ぼくが使っている財布はこれです。

ん?これ財布なの?

はい。正確にはこれは財布じゃなくて”マネークリップ”と呼ばれるものです。

ぼくはこのマネークリップを使い始めて半年くらい経つんですが、飲みの席などでお金のやり取りをするときにこれを友達に見せると「それなんなん?絶対使いづらいでしょw」と言われることが結構あります。(笑)

しかし使ってみるとめっちゃ便利で、逆になんで使ってる人がそんなにいないんだろうといつも思います。

というわけで今回はそんなマネークリップの魅力を紹介して行きたいと思います。

マネークリップ「STORUS」を使っている理由

ぼくが使っているのは「STORUS」というマネークリップ。

このマネークリップにした理由は3つあります。

シンプルにカッコいいから

まずこれは大事でしょう。

いくら機能性高くてもダサかったら使ってて萎えますもんね。

その点このマネークリップは洗練されたデザインでカッコいいです。

カードが収納できるから

これも必須の要素です。

”マネークリップ”とはいえ、本当にマネーをクリップするだけじゃ別にカードケースも持たなきゃいけなくないので「だったら最初から財布でよくね?」って思います。

その点このマネークリップは4枚から5枚ほど入るのでいい感じです。

どんなカードを普段持ち歩いているのかは後述します。

ホリエモンが使っているから

ぼくが”マネークリップ”という存在を知ったのもこれがきっかけです。

やっぱり尊敬している人と同じものを使いたくなるじゃないですか…

ミーハーです。(笑)

なぜ、ホリエモンは金がむき出しのマネークリップを愛するのか – PRESIDENT Online

マネークリップ「STORUS」の詳しい使い方

ぼくのお札のたたみ方

三つ折りにして挟む。それだけです。

ぴったりマネークリップの幅に収まっていて気持ちいいです。

二つ折りだと確かにしまうのは楽なんですが、ポケットの中でがさばるんですよね。

なんか野口さんもかわいそうな感じになっちゃうし。

ぼくが持ち歩いているカード

ぼくが普段持ち歩いているカードは基本的に4枚です。

  1. クレジットカード
  2. キャッシュカード
  3. 大学の学生証
  4. 大学生協の会員証

クレジットカードは主な支払い用で、基本的にクレジットカードが使える店を優先して行くようにしています。

キャッシュカードは現金がなくなったとき用ですが、近いうちにキャッシュカードを持たなくて済む世の中になればいいなって思ってます。

大学の学生証は身分証にもなるので良いんですが、大学生協はさっさと電子マネーに対応して欲しいと思いますね。いちいちカード出すのだるい。

ぼくの小銭との向き合い方

個人的には小銭のメリットはないです。

  1. かさばるし重い
  2. 誰が触ったのか分からないから汚いし臭い
  3. 会計のとき小銭を数える時間ほど無駄な時間はない

なのでさっさと小銭を発行するのはやめたら良いのに、と思います。

かといって流通している以上、小銭を一切使わないわけにはいかないのでぼくはマネークリップとは別に小銭入れを持つことにしています。

ただ小銭入れはポケットの中ではなくリュックの奥の方にしまっていて、必要なときだけ出して使うことにしています。

ぼくが使っている小銭入れはこちらの黒色です。

マネークリップほど強いこだわりはなかったので雰囲気で選んでしまったのですが、近いうちしっかりと買い直そうかなと思っています。

マネークリップ「STORUS」のメリット

ぼくは以前こちらのそこそこの財布を使用していました。

そこで財布からマネークリップにして感じたメリットを紹介します。

とにかく軽くてコンパクトに収まる

普段マネークリップをパンツの前ポケットに入れているのですが、これが良い意味で存在感がないんですよ。使い始めの頃はポケットに入っているのに無くしたと思って、そのまま探し続けてました。(笑)

とにかく軽くてコンパクトなのでズボンなどの型崩れも気にならないです。

ダサいとされている後ろポケットに財布を入れることもマネークリップならスマートにできますよ。

水や汚れが気にならなくなる

普通の財布だったら雨が降れば濡れないようにして、ジュースなどをこぼしてしまったら急いで拭きますよね。しかしどんなに気をつけていても濡れたり汚れたりすることはあると思います。

それって結構なストレスじゃないですか?

マネークリップだったら財布と比べて安いし、そもそもステンレスでできていることが多いのでへっちゃらです。(笑)

持っているお金とカードが常に分かる

ぼくの場合は「お札は多くても1万円までで、カードは4枚持っている」ことが分かっているので、突然お金やカードを失くしたことはマネークリップにしてからなくなりました。

あとはそもそも余計なものを持たなくて済むので、自分の注意が及ぶ範囲が狭くなってものを失くしづらくなるんですよね。

周りに注目される

ぼくの体感で9割5分くらいの人は普通の財布を持っているので、お金のやりとりをする際には結構な割合でマネークリップについて質問されます。

自分から話しかけるのは苦手だけど、相手から話しかけられたら話しやすいって人は多いと思います。そんな人には是非おすすめです。

マネークリップ「STORUS」は最高の選択肢

この記事を読んで「良いやん!俺も買ってみよ!」と思ってくれたらめっちゃ嬉しいです。

しかし中には「マネークリップ?そんなおもちゃみたいなもん認めんぞ!」みたいに思われた方も、もしかしたらいるかも知れません。

しかしそんなあなたには声を大にしてこう言いたいと思います。

まだそんな重い財布を持ち歩いているの?

そんなに高いものでもないので一度試してみたら良いと思います。

なんか違うと思ったらまた戻せば良いだけですしね!

ABOUT ME
やえがしくにひこ
やえがしくにひこ
意識だけ高い学生ブロガー。当たり前のことをそれっぽく言うのが得意。普段は大学に通うフリをしながら意識高い大学生に読まれる個人ブログ「がちろぐ」を運営中。缶ビール奢ってくれたら一晩中語り尽くします。たまにドローン飛ばします。立命館大学在学中。